• 日本合板商業組合とは
  • イベント情報
  • トピックス
  • グリーン購入法認定について
  • 出荷証明書について
  • リンク
ホーム > トピックス

トピックス

2021年

6月11日

林野庁より、新型コロナウイルスワクチンの職域接種に関する総合窓口ページの開設案内がありましたのでお知らせします。

ホームページには職域接種の「申請専用WEB入力フォーム」が設置されています。
職域接種を御希望の企業等におかれましては、フォームからの申請が必要になりますので、今後こちらから申請を行なってください。ただし、現在申請専用WEB入力フォームでは1会場当たりの接種人数が1000人を下回る数字を入力できない仕様になっております。
1会場当たりの接種人数が1000人を下回る場合においても申請が行えるようになりましたら御連絡いたしますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただくか、1000人以上のグループとして申請ください。
(例えば、社員家族や関連会社との連携により1000人以上として申請することは可能です。)
また、ホームページには職域接種の概要・手続きに関する資料も掲載されておりますので、御確認ください。

職域接種に関する総合窓口ページはこちら
首相官邸HP

農林水産省の新型コロナウイルス感染症にかかる対応について

農林水産省HP

6月11日

林野庁より、マイナンバーカードの積極的な取得と利活用の促進、並びに健康保険証の利用申込の促進について、周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳細はこちら
マイナンバー周知用リーフレット

6月9日

【外構部の木質化対策支援事業】
令和3年度 外構実証型事業について、6月21日から事前申込開始の案内がございましたのでお知らせします。

1, 事業の目的
これまで木材利用が低位であった施設等の外構部の木質化により、木製外構の認知度の向上や木製外構に関する知識の普及並びに情報の収集等の取組を支援するころにより、木材の新たな需要を創出すること。

2, 1次事業募集について
事前申し込み開始 令和3年6月21日(月) 13:00予定

詳細は、事業ホームページにてご確認ください。
外構部の木質化対策支援事業HP

6月8日

東京2020(オリンピック・パラリンピック)大会開催期間中の交通混雑緩和に向け、(公社)全日本トラック協会から、大会開催中の円滑な物流と2020TDM推進プロジェクトへの協力依頼がありましたので、ご案内いたします。

2020TDM推進プロジェクト等の詳細はこちら
全日本トラック協会HP
東京2020大会 物流対策リーフレット

6月2日

林野庁より、「新型コロナウィルスワクチンに関する職域接種の要望アンケート実施」の案内がありましたのでお知らせします。

現在、政府では、新型コロナウィルスワクチン接種希望者への接種の加速化に向けた検討が行われており、その中で、職域接種に関するアンケート調査を実施することになりました。

本調査は、自治体によるワクチン接種とは別に、接種の実施に要する医療従事者等の人員・接種会場等を自前で準備していただくこと(自治体によるワクチン接種の支障とならない範囲で準備できること)を前提として、職域接種の意向の有無等を確認させていただくものです。職域接種の単位としては、単独企業等によるものだけでなく、取引関係や地域性などによるグループ単位も考えられます。職域接種の希望があれば、以下の留意事項を確認の上、下記のアンケート回答様式(エクセルファイル)に記入いただき、提出期限までにご提出くださいますようお願いいたします。職域接種の希望のない企業等からの回答は求められていませんので、希望がなければ提出の必要はありません。

【アンケート提出期限】
2021年6月9日(水) 14:00必着

アンケート回答様式に入力いただき、日合商事務局宛のメールに添付して送信ください。
アンケート回答様式(エクセル)

事務局アドレス
jpwa@oboe.ocn.ne.jp

(留意事項)
・この要望確認は、政府として、感染対策の切り札となるワクチン接種をさらに加速化するため、自治体によるワクチン接種とは別に、自社で医師等を確保いただけることを前提として職域接種のニーズを定量的に把握するために行うものです。
(接種の実施に要する医療従事者の人員・接種会場等 自前で準備できることが条件になります)
・調査項目には正確に回答することが期待されていますが、現時点における一定の確度をもった想定であっても構いません。
・回答しなかったために職域接種の対象から直ちに外れるというものではありません。
・職域接種の意向の有無(要望)を確認するアンケートのため、職域接種が確約されるものではありません。

詳細はこちらの資料をご覧ください。
新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田/モデルナ社製用)
企業による職域接種に関するアンケート

6月2日

令和3年度 外構部の木質化対策支援事業「企画提案型実証事業」について募集開始の案内がありましたのでお知らせします。

令和3年度 外構部の木質化対策支援事業「企画提案型実証事業」につきましては、(公財)日本住宅・木材技術センターが主体となって実施します。

【対象事業】
屋外に設置される外構施設(住宅の外構施設を除く。)であって、外構部の木質化に係る先進的な取組の効果、又は普及効果の実証を通じて課題解決に取り組む次の実証事業を対象とします。

(1)木材・製品・技術の性能等の検証に関するもの
  外構部における木材の新たな利用方法等を企画し、性能等を確認するもの。

(2)利用者や社会に及ぼす効果等の把握に関するもの
  木質化した外構施設が利用者や社会に及ぼす効果等を把握するもの。

(1)、(2)いずれの実証においても、整備する施設の維持管理計画、成果の普及活動及び成果の波及効果等について検討を行うものとします。

事業の詳細につきましては公益財団法人日本住宅・木材技術センターのホームページをご覧ください。
公益財団法人日本住宅・木材技術センター

6月1日

林野庁から、新型コロナウィルス感染症対策として出勤者数の削減に関する定量的な情報や取組や工夫を紹介いただくなど、各企業の実施状況を公表する「出勤者数の削減に関する実施状況の公表について」に関して、協力及び周知依頼がありましたので、お知らせします。

詳細はこちら
当該リスト及び好事例と思われる取組が経済産業省ホームページに公表されております。
経済産業省HP

公表サイト等の登録は、以下のサイト上でお願いします。
テレワーク等の実施の公表状況に関する調査

5月31日

林野庁から、労働力確保につながる支援事業の「産業雇用安定助成金」、「トライアル雇用助成金」等の周知依頼がありましたのでお知らせします。

昨今、北米や中国における木材需要の増大等を背景に、輸入木材製品の不足感から、代替えとして国産製品の引き合いが強くなり、国産材製品の製造事業者の方々も国産材製品の生産増に注力されているものの、地域によっては労働力不足等から製造施設の能力を十分に活かせないとの情報がございます。
そのために、林野庁から 厚生労働省・都道府県労働局・ハローワークにおいて用意されている「産業雇用安定助成金」、「トライアル雇用助成金」などの労働力確保につながる支援事業について案内がございましたのでお知らせします。

詳細はこちら
「産業雇用安定助成金」等を活用した労働力の確保について
「産業雇用安定助成金」のご案内
トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)のご案内

5月21日

林野庁より、新型コロナウィルス感染症予防対策として 「職場における新型コロナウィルス感染症対策実施のため~取り組みの5つのポイントを活用しましょう」の周知と、「建設現場における熱中症予防と新型コロナウイルス感染防止」等の周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳細は、下記厚労省HPにある【別添】をご覧ください
厚生労働省HP

5月17日

「JAS構造材利用拡大事業」令和3年度個別実証事業第二次公募開始

JAS構造材を活用する実証的取り組みに対し、その木材の調達費の一部を助成する『JAS構造材利用拡大事業 個別実証支援事業』の二次募集が開始されましたのでお知らせします。

【個別実証支援事業】
建築事業者等に、低層の戸建て住宅等を除く建築物(施主が国以外)において、構造部分にJAS構造材を利用することを通じて、設計、調達、施工時等におけるJAS構造材の利用に関する課題の抽出、改善策の提案などを行っていただきます。事業を実施するのに必要なJAS構造材等調達費用の一部を助成します。

◇JAS構造材の定義
(1)機械等級区分構造用製材
(2)2×4製材
(3)CLT
(4)中断面以上の構造用集成材(短辺75mm以上、長辺150mm以上)
(5)構造用LVL

詳細はウェブサイトヘ
JAS構造材利用拡大事業HP

5月13日

林野庁より、「新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処方針」並び「職場における新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」等の活用に関して周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワーク推進(PDF)
新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(ワード)
職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(エクセル)

5月7日

「住宅建築用木材製品の需給への対応について」の情報提供依頼

今般の、北米等における住宅事業の高まりによる木材需要の増大や産地価格の上昇、世界的な海上コンテナの不足や海上運賃の上昇なぢにより、住宅建築に必要な外国産木材製品等の輸入量減少と価格上昇が生じており、その代替えとして国産材製材品への引き合いも強くなる中、一部事業者からは木材製品が入手しづらい状況にあるとの声が聞こえてきています。
この度、林野庁から今後の更なる需給逼迫への懸念等を踏まえ、情報提供等の協力依頼がありましたのでお知らせします。

情報提供を頂きたい項目
【住宅建築等に必要な木質資材の実需に基づく適切な発注、過剰な在庫の保有の抑制について】

上記に関連した木材流通に係る情報提供
※情報提供いただく際は、下記アドレス宛てに直接ご報告ください。いただいた情報については、個別に回答いたしませんが、取扱を十分注意した上で当庁(林野庁)において今後の調査に活用させていただきます。なお、電話による情報提供やお問い合わせはお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。

<情報提供アドレス>
wood_ind@maff.go.jp

5月6日

中小企業庁から、中小企業者の方が経営改善・資金繰り支援対策・震災対策などの施策をご利用になる際の手引書として、各支援制度の概要をご紹介するための「2021年度版 中小企業施策利用ガイドブック」の案内がありましたのでお知らせします。

詳細はこちら
2021年度版「中小企業施策利用ガイドブック】ご利用の手引き

2021年度版「中小企業施策利用ガイドブック」はこちら
中小企業庁HP

4月27日

林野庁より、「特定個人情報の漏洩その他の特定個人情報の安全の確保に係る重大な事態の報告に関する規則」の改正について周知依頼がありましたのでお知らせします。

今回の改正では、事業者において特定個人情報(マイナンバー等)の漏えい等が発生した場合は、 個人情報保護委員会へ報告することとされていましたが、報告対象に漏えい等の「おそれ」を追加する等の改正が行われております。

詳細はこちら
特定個人情報の漏洩その他の特定個人情報の安全の確保に係る重大な事態の報告に関する規則の一部を改正する規則
【改正後】番号法第29条の4第1項及び第2項に基づく特定個人情報の漏えい等に関する報告等に関する規則
改正規則概要

4月26日

「木材安定供給のための省庁動向についての情報」

1,2021年4月13日開催:「令和3年度 国産材の安定供給体制の構築に向けた中央需給情報連絡会 臨時情報交換会」

今般の輸入材製品の価格急騰と供給不足に伴う国産材製品の代替需要の高まりについて、林野庁主催による「令和3年度 国産材の安定供給体制の構築に向けた中央需給情報連絡会 臨時情報交換会」が開催され、会議資料並び議事録等が林野庁ホームページに掲載されましたのでそのご案内

詳細はこちら
国産材の安定供給体制の構築に向けた需給情報連絡協議会(林野庁HP)

2,2021年4月23日開催:「森林・林業基本計画(案)に掲げる目標/林政審議会」

林野庁は4月23日開催の林政審議会で、新たな「森林・林業基本計画(案)に掲げる目標」を示し、令和12年の木材供給量の目標として4,200万立方メートル(令和元年比135%)の数値目標等を掲げ、会議資料等が林野庁ホームページに掲載されましたのでそのご案内

詳細はこちら
林政審議会(令和3年4月23)配付資料一覧(林野庁HP)

4月5日

令和5年10月より消費税のインボシス制度が導入されます

林野庁より、令和5年10月から導入される消費税のインボイス制度について、概要説明書の案内がありましたのでお知らせします。

詳細はこちら
適格請求書等保存方式の概要

4月5日

林野庁より、政府(内閣官房・文部科学省・厚生労働省・経済産業省)がとりまとめた「2022年度卒業・終了予定者等の就職・採用に関する要請について」の周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳細はこちら
要請事項のポイント(別紙1・別紙2)

申合せ(参考資料)

「2022年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について」は、下記サイトに掲載しています。
内閣官房HP

4月2日

「JAS構造材個別実証支援事業」について令和3年の第一次公募が開始されましたのでお知らせします。

【個別実証支援事業】
建築事業者等に、低層の戸建て住宅を除く建築物(施主が国以外)において、構造部分にJAS構造材を利用することを通じて、設計、調達、施工時等におけるJAS構造材の利用に関する課題の抽出、改善策の提案などを行っていただきます。事業を実施するのに必要なJAS構造材等調達費用の一部を助成します。

◇JAS構造材の定義
(1)機械等級区分構造用製材
(2)2×4製材
(3)CLT
(4)中断面以上の構造用集成材(短辺75mm以上、長辺150mm以上)
(5)構造用LVL

詳細はウェブサイトへ
JAS構造材利用拡大事業HP

3月31日

令和3年度林野庁予算等について

日合商主催 2020年度第二回合板需給懇談会において、当日配布の林野庁説明資料「令和3年度林野庁予算等について」を掲出しましたのでご案内いたします。

林野庁木材産業課資料

3月29日

林野庁より「職場における新型コロナウィルス感染症対策防止宣言~5つのポイント~」について周知依頼がありましたのでお知らせします。

詳しくはこちら
職場における防止対策宣言(パワーポイント)
フォーマットには事業者名を入力できますのでご活用下さい。

感染リスクが高まる「5つの場面」に関する詳しい内容は、以下のページよりご確認ください。
感染の再拡大防止特設サイト
(資料はリンク先からでもダウンロードできます)

3月22日

3月9日に新着情報・トピックスでご案内しました「農林水産業・食品産業の作業安全のための規範等」につきまして、林野庁から普及啓発するため、事務所等に掲示して頂くための標識や啓発ポスター、安全確認ステッカーの作成案内がありましたのでお知らせします。
これらの標識等は、林野庁のホームページからダウンロードでき、ご自由にご活用できます。

作業安全啓発資材(標識、ポスター、ステッカー)

林野庁HP

3月16日

(一社)全国木材組合連合会が、きのある暮らし・木の街づくりを提案するWEBマガジン「Love Kinohei ラブキノヘイ」において、特集ページでウッドチェンジで始まる新しい生活を公開しましたのでお知らせします。

詳細はこちら
Love Kinohei ラブキノヘイHP

3月15日

経済産業省から「令和3年経済センサス-活動調査」について周知依頼がありましたのでお知らせします。

総務省・経済産業省では、本年6月に全ての事業・企業を対象とした「令和3年経済センサス-活動調査」を実施します。
本調査は、日本における経済活動の実態を明らかにすることを目的とし、統計法に基づき5年に一度実施している政府の重要な調査になります。
その調査結果は、国及び地方公共団体における各種の政策の立案、実施のための基礎資料としての利活用や、経営の参考資料として事業者の方々にも広く活用して頂いています。

経済センサス 活動調査キャンペーンサイトはこちら
経済センサス‐活動調査2021キャンペーンサイト
3月10日

(一社)全国木材組合連合会から、3月23日(火)に開催される第12回「新たな木材利用事例発表会/Web配信」の案内が届きましたのでお知らせします。


日時:2021年3月23日(火) 13:30~15:40
事例発表:
第1部「江東区が進める校舎の木造・木質化と教育効果について」
第2部「木材を使った街づくりのねらいとその評価」

参加申込等の詳細はこちらから
全国木材組合連合会HP
3月9日

Love Kinohei 木のある暮らし・木の街づくり事務局から、「美しいまちづくりに調和する外構部の木質化施行事例集」の無料進呈と、関東地方にある国産材を構造や内装に使った施設・店舗・都内にある国産材の木製品を取り扱っている店舗などを紹介する「きになるところ、木のあるところ。お出かけナビ」開設の案内が届きましたのでお知らせします。


冊子「外構部の木質化施工事例集」の申し込みはこちら
Love Kinohei ラブキノヘイHP
お申込み期限:3月21日(日)
部数がなくなり次第早めの終了になる場合がございます。

きになるところ、木のあるところ。お出かけナビはこちら
Visit お出かけナビHP
3月9日

林野庁から農林水産業・食品産業の作業安全のための規範について策定の案内がありましたのでお知らせします。

農林水産業・食品産業におては、各分野の課題に対応した作業安全対策が講じられてきましたが、引続き死傷事故が多発している状況を鑑み、今般、これらの産業における作業安全を推進するため、事業者及び事業者団体の留意事項・取組事項を整理した「農林水産業・食品産業の作業安全のための規範(共通規範)について」が策定されました。

また、これを受けて、木材産業分野における作業安全のための具体的な取組事項を整理した「農林水産業・食品産業の作業安全のための規範(個別規範:木材産業)解説資料」が策定されましたのでお知らせします。


規範の詳細や作業安全啓発ポスターなど詳細はこちらへ
林野庁HP
3月4日

創樹社主催 オンライン講座 特別無料公開のお知らせ

日合商通信の執筆元でもある ㈱創樹社からオンライン講座 無料公開の案内が届きましたのでご案内いたします。

㈱創樹社では(一社)環境共生住宅推進協議会との共催で住宅産業従事者向けオンライン連続講座「室礼が導く豊かな住生活 先人の知恵に学ぶ 和の暮らしと住まい」を2020年12月から開催しています。
今回は、2ヶ月分を無料で公開しておりますのでそのご案内になります。

このオンライン講座は、住宅設計や建材・設備などの商品企画、インテリアコーディネート、リフォーム提案などに携わる方々を対象として、豊かな暮らしを提案するヒントが学べるオンライン講座となっています。

無料視聴期間は3月1日の10時~3月19日の17時までの期間になりますので、ご視聴希望の方は下記URLにアクセスして頂き必要事項を記入のうえ、ご視聴ください。

【オンライン講座の詳細情報】
視聴ページ:https://sumakachi.com/shitsurai/movie-02_sample/
視聴可能期間:3月1日の10時~3月19日の17時
また、オンライン講座にご興味を持たれ、年間での視聴をご希望の場合は下記専用ホームページからお申込みください。(有料になります)
オンライン講座の専用ホームページ:https://sumakachi.com/shitsurai/summary/
お申込み等に関するお問合せは、サイト内のお問合せにお願いいたします。
2月24日
「建築物省エネ法の改正」についてのご案内
2021年4月1日から「改正建築物省エネ法」が全面施行となります。国土交通省では、法改正について学べるオンライン講座を始めています。オンライン講座は無料で参加・閲覧できますのでご案内いたします。

【オンライン講座の詳細情報】
改正建築物省エネ法オンライン講座HP
説明義務制度(実演ドラマ)
2月19日
(一社)全国木材組合連合会から「クリエイティビティで木材利用を促進するオンラインセミナー」の案内がありましたのでお知らせします。

本セミナーは、国産材の持続的な活用方法やその価値を見つめなおすとともに、林業・木材産業の自立的な経済活動や、森林環境の保全など、森も活かすデザインの可能性についてクリエイターと木材産地の林業・木材産業事業者などと共に考えていくセミナーになります。

【セミナー詳細情報】
日時:2021年3月3日(水)18:00~20:00
場所:オンライン配信(YouTube Live)
参加料:無料
共催:株式会社乃村工藝社、一般社団法人 全国木材組合連合会
申込先:もりまちドアHP
2月17日
林野庁より「クリーンウッド」利用促進事業のうち、海外情報収集事業調査結果報告会について、開催案内が届きましたのでご案内いたします。今回はZoomを使用してのオンライン開催になります。

【開催日】
日時:2021年3月5日(金)13:30 - 16:00
場所:Zoomによるオンライン開催

【参加方法】
参加申し込み:リンクからの事前申し込み(3月4日締め切り)
参加申し込みはこちら

報告会案内チラシ

本報告会の案内についてはクリーンウッドナビにも掲載されています。
林野庁クリーンウッドナビHP
2月15日
(一社)全国木材組合連合会/全国木材協同組合連合会から、令和2年度の事業を活用した構造・内装・外構の木質化施行事例が「Love Kinohei」に掲載された旨の案内がありましたのでお知らせします。

【外構部の木質化対策支援事業】
木材の合法性や耐久性確保などの条件を満たした木の塀やウッドデッキなどの外構設備
一覧を見る

【過剰木材在庫利用緊急対策事業】
原木を有効活用した公共の施設(構造、内装)や、外構設備(塀、ウッドデッキなど)
一覧を見る

2月12日
林野庁から、内閣官房新型コロナウィルス感染症対策推進室が事務連絡として発出しました「テレワーク等の徹底」について、周知依頼がありましたのでお知らせします。

テレワーク等の徹底について
2月10日
林野庁より令和2年度第3次補正予算で措置されました「国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業」の案内が届きましたのでお知らせします。

【事業の概要】
・本事業は、令和2年第1次補正の「国産農林水産物等販売促進緊急対策事業」の後継事業です。
・新型コロナウイルス感染症拡大により、_需要減少の影響を依然として受けている農林漁業者、加工業者等が取り組む販売促進等の取組に対して支援する事業になります。
・1次補正と異なり、国産農林水産物の対象品目は限定されません。
・林業者、木材産業事業者も対象となります。
・2月9日から公募が開始されました。

公募に関する詳細・問い合わせは販路多様化事務局の特設ウェブサイトをご確認ください。
国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業ウェブサイト
農林水産省HP基本政策「国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業について」
農林水産省HP
1月5日
林野庁より「マイナンバーカードの普及」について、周知依頼がありましたのでお知らせします。

マイナンバーカードの普及 パンフレット
1月5日 年頭所感
理事長 年頭挨拶を掲載しました。